神奈川県は日本の中でも東京都に続いて人口が多いエリアで、県内には多数の会社があり、出張などでウィークリーマンションを利用するビジネスマンが多くいます。借りたその日から生活が出来る、引越し等が要らない、1週間単位で借りる事が出来るなど理由から、県外から訪れるビジネスマンや旅行者などが利用するシーンも多くありますし、大学の受験シーズンともなると、地方からの受験生が大学受験中に部屋を利用するシーンが多くなるなど、人気エリアにある物件の場合満室になっているケースもあります。特に、横浜市や川崎市と言うのは都心へのアクセス環境が高いので、駅近くの物件は満室になる事も珍しくありません。しかしながら、横浜市などの場合、市営地下鉄や私鉄各線、JRの駅などを選ぶ事で入居可能な物件を見つける事が出来ます。

東海道線沿線なら都心へのアクセスも1本で済みます

神奈川県のウィークリーマンションを選ぶ場合、住まいとなる場所をどこにするのかで選び方も変わります。例えば、東海道線沿線にある物件を選ぶと言った場合、県内の東海道線の駅は川崎駅から湯河原駅までの区間であり、この区間の路線駅にある物件を選んでおけば、東京や品川までのアクセスは1本で済みます。因みに、東海道線には全席指定の湘南ライナー、朝だけに使える「おはようライナー」、途中駅を通過する快速電車など、アクセス環境が良い路線になっており、通勤や通学などを考えて快速電車を利用出来る駅近くの物件を選ぶのもお勧めです。例えば、小田原や茅ヶ崎、藤沢、横浜、川崎と言った駅の場合には湘南ライナーが利用出来るので、東京駅からのアクセスにも便利です。尚、利便性が良い駅で、駅から近い物件を選んでおけば、通勤等の時に便利でお勧めです。

横浜駅を中心とした路線駅も狙い目です

横浜駅には東急東横線や相鉄線、京浜急行線などの私鉄路線が乗り入れしています。神奈川県の中でウィークリーマンションを選ぶ場合、横浜方面への通勤や通学と言った場合、これらの路線駅にある物件を選んでおくのもお勧めです。横浜駅周辺にも物件はありますが、私鉄路線駅の場合は住宅地内の物件を選べると言う魅力もあります。中には閑静な住宅地の物件もあり、静かな場所での生活を希望する人などにお勧めですし、住宅地と言うのは生活に便利な環境でもあり、周辺にはスーパーや病院、学校などの教育施設があるため、こうしたエリアにある物件を選んでおけば生活の中での便利さを得られますし、調理設備や冷蔵庫などが完備されているので、自炊をするのにも最適な環境です。そのため、県内で物件を選ぶ時には路線駅を決める事がお勧めです。